鏑木清方(かぶらぎきよかた)

浮世絵から本格的絵画へ展開をはかり、清新な文学的作風を示した。

鏑木清方 略歴

明治11年(1878)- 昭和47年(1972)

明治時代初めの戯作者で、東京日日新聞の創刊者として知られた条野採菊の子として東京神田に生まれ。鎌倉で没。
明治24年
水野年方に師事した。
同34年
鳥合会を同志とともに結成。文展開設以後は官展に出品し、また金鈴社を創立した。
大正8年
第1回帝展から審査員をつとめる。
昭和4年
帝国美術院会員。
同19年
帝室技芸員となる。
同29年
文化勲章を受章。

鏑木清方 代表作

  • 築地明石町
  • 一葉 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ