岩澤重夫(いわざわしげお)

日展の関西を代表する画壇界の雄。
風景、特に滝のある深山幽谷を描く名手。

岩澤重夫 略歴

昭和2年(1927)-平成21年(2009)

大分県に生まれる。
昭和22年
京都市美術専門学校日本画科入学(現・京都市立芸術大学)
同26年
第7回日展に初出品、初入選。
同29年
堂本印象に師事。
同35年
第3回新日展で特選・白寿賞受賞。
同43年
第11回新日展で菊華賞受賞。
同50年
紺綬褒章受章。
同60年
第8回山種美術館賞展大賞受賞。第17回日展文部大臣賞受賞。
平成5年
日本芸術院賞受賞。日本芸術院に所蔵。
同14年
平成14年 勲三等瑞宝章を受章。

岩澤重夫 代表作

  • 古都追想
  • 渓韻 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ