伊東深水(いとうしんすい)

鏑木清方に師事し、現代の女性風俗を艶麗に表現。
木版画に遺した業績も大きかった。

伊東深水 略歴

明治31年(1898)-昭和47年(1972)

東京に生まれ、同地で没。
明治44年
鏑木清方に師事した。
同45年
16歳で巽画会初入選。
大正3年
院展入選。翌年 文展入選。
同13年
帝展にて入選。
昭和22年
第3回日展出品作「鏡」で芸術院賞受賞。
翌23年
日本芸術院賞受賞。
同33年
日本芸術院会員。

伊東深水 代表作

  • 聞香
  • 春の宵 etc
伊東深水 アート市場状況

もちろん美人画が中心だが、昭和20年以降でしっかり描かれた美人画は高値。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

伊東深水 作品種類
  • 日本画、版画、パステル
伊東深水 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索