菱田春草(ひしだしゅんそう)

洋画の影響を受けながらも、朦朧体(もうろうたい)と称された実験的様式を試みるなど、鋭敏な感覚と知的な視点で、新日本画の創造に全力を傾けた。

菱田春草 略歴

明治7年(1874)-明治41年(1911)

長野県伊那郡飯田町に生まれ、東京で没。
はじめ結城正明に師事。
明治23年
東京美術学校に入学、橋本雅邦や川端玉章らの指導を受けた。
同28年
日本美術院の創立に参加。
同36年
横山大観とともにインドへ。同37年から38年にかけて岡倉天心、大観と欧米へ旅行し、日本美術を再認識して帰国した。

菱田春草 代表作

  • 落葉
  • 黒き猫 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ