東山魁夷(ひがしやまかいい)

日本の風景を中心に清澄な風景画の世界を確立。
自然の美しさに感動し、日本各地で取材し描き出したその風景美は、多くの人々に愛されています。

東山魁夷 略歴

明治41年(1908)-平成11年(1999)

横浜に生まれ、千葉県市川市で没。
昭和6年
東京美術学校を卒業。後に結城素明に師事した。
同8年
3年間ベルリン大学で美術史などを学んだ。帰国後、日展を中心に出品。
同22年
「残照」で特選。
同25年
「道」を発表して高い評価を得た。
同31年
日本芸術院賞を受賞。
同44年
文化勲章を受章した。

東山魁夷 代表作

  • 秋翳(しゅうえい)
  • 朝明けの海
  • 白い朝 etc
東山魁夷 アート市場状況

緑や湖の描かれている作品は人気がある。偽物もかなり出回っている。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

東山魁夷 作品種類
  • 日本画、水彩、デッサン、版画
東山魁夷 鑑定機関
  • 東山すみ
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索