速水御舟(はやみぎょしゅう)

細密描写による厳密な写実主義、やがて幻想的、象徴的領向を示し、さらに中国院体画に迫る格調高い主観的な写実を求めた。

速水御舟 略歴

明治27年(1894)-昭和10年(1935)

東京に生まれ、同地で没。
松本楓湖の安稚堂画塾に入門。
大正2年
再興日本美術院展(院展)に活躍の場を移す。文化勲章を受章した。
同3年
号を御舟と改め、この頃から姓を速水とする。同年、今村紫紅を中心とした美術団体・赤曜会を結成。
同6年
第4回院展に「洛外六題」を出品。横山大観、下村観山らに激賞され、川端龍子と共に日本美術院の同人に推挙された。
昭和4年
第16回院展に「名樹散椿」を出品。
翌5年
イタリア政府主催・大倉男爵後援ローマ日本美術展覧会の美術使節として横山大観夫妻、大智勝観らと共に渡欧。

速水御舟 代表作

  • 京の舞妓
  • 名樹散椿 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ