橋本関雪(はしもとかんせつ)

諸派の画風に学びながら深い教養に根ざした格調高い作品を残した。
水墨の動物画に卓越した筆技を見せている。

橋本関雪 略歴

明治16年(1883)-昭和20年(1945)

神戸に生まれ。京都で没。
竹内栖鳳の画塾竹杖会で学び、のち中国、日本の古画を研究して独自の画境を切り開いた。
大正5年
第10回文展、翌年 第11回文展と2年つづけて特選。
昭和9年
帝室技芸員。
翌10年
帝国美術院会員となった。 絵画研究のため、中国やヨーロッパをたびたび訪れた。「関雪随筆」「南画への道程」などの著作がある。

橋本関雪 代表作

  • 玄猿
  • 進馬図 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ