福田平八郎

福田平八郎(ふくだへいはちろう)

鋭い観察眼で、対象がもつ雰囲気、美しさを抽出した表現が特徴とされる。
生涯「水」の動き、感覚を追及した作品を発表してきました。

福田平八郎 略歴

明治25年(1892)-昭和49年(1974)

大分市に生まれ、京都で没。
大正7年
京都市立絵両専門学校を卒業。
はじめ円山四条派系の写生から、次第に清新な感覚の装飾的傾向になリ、さらに象徴性のある作品を発表した。
日本芸術院会員。第1回毎日美術賞受賞。
昭和36年
文化勲章を受章した。

福田平八郎 代表作

  • 花の習作 etc
福田平八郎 アート市場状況

花鳥の作品が多く、晩年の作品のほうが高値。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

福田平八郎 作品種類
  • 日本画
福田平八郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ