秋野不矩(あきのふく)

日本画の要素によく含まれる花鳥風月を嫌い、50代からインドに魅せられ、インドの材料を使った新しい境地を開拓する。

秋野不矩 略歴

明治41年(1908)-平成13年(2001)

静岡県天竜市に生まれ。京都で没。
静岡女子師範を卒業後、京都で石井林響、西山翠嶂に師事し日本画を学んだ。
昭和11年
帝展で特選。
同13年
文展で特選を受賞した。
同23年
上村松篁らと創造英術協会を結成した。
同37年
インドの大学に客員教授として招れる。
平成3年
文化功労者。
同11年
文化勲章を受章した。

秋野不矩 代表作

  • 渡河
  • オリッサの寺院 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ