上村淳之(うえむらあつし)

東洋独自の絵画表現を模索しながら花鳥画の新しい展開を求めて研鑽を重ねている。

上村淳之 略歴

昭和8年(1933)-

上村松篁の長男として京都に生まれる。
昭和28年
京都市立美術大学に学ぶ。
同31年
新制作協会日本画部春季展に出品、初入選する。
同41年
京都府日本画総合展に出品、京都府買い上げとなる。
同43年
新制作協会第32回展に出品、新作家賞を受賞。
同53年
第5回創画展に出品、創画会賞を受賞し、文化庁買い上げとなる。
同55年
第7回創画展に出品、創画会賞を受賞する。
平成4年
京都府文化功労賞受賞。
同7年
日本芸術院賞受賞。

上村淳之 代表作

  • 大鶏
  • 雁金 etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索