中島千波(なかじまちなみ)

物、花木、風景と意図的に新しいテーマに挑戦し、代表される桜をテーマにした作品では、日本画の伝統的な技法を踏まえつつ、次々と新しい、華麗で壮大な世界を描きだしてきた。

中島千波 略歴

昭和20年(1945)-

長野県に生まれる。
昭和44年
東京芸術大学美術学部日本画科卒業。第54回院展に初出品、初入選。
同46年
東京芸術大学大学院を修了。日本美術院院友となる。
同52年
第32回春の院展奨励賞を受賞する。(以後78年,89年受賞)第62回院展に入選、奨励賞を受賞する。(以後81年,88年,91年受賞)
同54年
第5回山種美術賞展優秀賞を受賞。
同60年
第1回日本画裸婦大賞展で大賞を受賞する。

中島千波 代表作

  • 北信秋果豊壌
  • 坪井の枝垂桜 etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索