萬鉄五郎(よろずてつごろう)

フォーヴイスム、キュビスムの絵画に日本でいち早くから共鳴。
明治末期~大正~昭和初期にかけて活躍し、日本近代絵画の先駆者と称されている。

萬鉄五郎 略歴

明治18年(1885)-昭和2年(1927)

岩手県東和町に生まれ。神奈川県で没。

早稲田中学在学中に白馬会研究所で長原孝太郎にデッサンを学び、渡米。
明治45年 東京美術学校を卒業。
フュウザン会に参加。日本美術院洋画部、二科展に出品。
以後個性的な作品を次々と発表した。

萬鉄五郎 代表作

  • 裸体美人
  • もたれて立つ人 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ