安井曽太郎

安井曽太郎(やすいそうたろう)

日本の風土にあった清爽堅実な写実的作風を確立した。

安井曽太郎 略歴

明治21年(1888)-昭和30年(1955)

京都に生まれ、神奈川県湯河原で没。
明治37年
聖護院洋画研究所で浅井忠に師事し、のち関西美術院に移った。
同40年
フランスに渡ってアカデミー・ジュリアンに入リ、ジャン=ポール・ローランスに学んだ。
大正5年
第2回二科展に滞欧作を特別陳列し、一躍画壇に認められ、二科会会員となった。
昭和10年
帝国美術院会員となる。
翌11年
一水会を創立した。
同19年
帝室技芸員、東京美術学校教授に任ぜられる。
同27年
文化勲章を受章した。

安井曽太郎 代表作

  • 孔雀と女
  • 金蓉 etc
安井曽太郎 アート市場状況

花・風景の作品が人気。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

安井曽太郎 作品種類
  • 油彩、水彩、デッサン
安井曽太郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ