山下大五郎

山下大五郎(やましただいごろう)

日本各地の風物を主題に、白然の鼓動を厳しく追求し、独白の画境を確立した。

山下大五郎 略歴

明治41年(1908)-平成2年(1990)

神奈川県藤沢市に生まれ。東京で没。
大正14年
原精一の紹介で萬鐵五郎のアトリエを訪れる。
昭和4年
東京美術学校を卒業。
同3年
在学中、第9回帝展「単上静物」が初入選。
同12年
第1回文展。
同14年
第3回文展それぞれ特選を受ける。
同24年
官展を離れて、牛島憲之、須田寿らと立軌会を結成する。
同41年
初個展を開催。
同52年
第16回国際形象展に出品する。
同58年
第7回長谷川仁記念賞を受賞する。

山下大五郎 代表作

  • 中庭の窓
  • 安曇野シリーズ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ