山口長男(やまぐちたけお)

抽象絵画の先駆的な開拓者の一人とされ、黒の地色の上に黄土色または赤茶色の絵の具がかなり厚塗りされた作品を形成する。

山口長男 略歴

明治35年(1902)-昭和58年(1983)

韓国に生まれ。東京で没。
昭和2年
東京美術学校を卒業。
同年
フランスに留学し、佐伯祐三らと交遊。
同6年
帰国。
二科展に出品。九室会に参加した。
「作品(かたち)」連作など抽象絵画で内外の国際展でも活躍した。

山口長男 代表作

  • 花子誕生
  • ボタン雪と騎手 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ