脇田和(わきたかず)

鳥や子供などを題材した童話的で温かな印象を受ける作風が特徴。

脇田和 略歴

明治41年(1908)-平成17年(2005)

東京都に生まれる。同地で没。
大正12年
青山学院中等部中退後、姉夫婦とともにドイツに渡る。 ミューラー・シェンフェルト塾で人体デッサンを学ぶ。
同14年
ベルリン国立美術学校に入学、洋画を習う。
昭和8年
第20回光風会展で、光風会展賞を受賞。
同11年
猪熊弦一郎、小磯良平ら8人の仲間とともに新制作派協会(現在の新制作協会)を結成。
同30年
日本国際美術展で最優秀賞。
同31年
毎日美術賞受賞。グッケンハイム国際美術展国内賞を受賞。
平成3年
勲四等旭日小綬章受章。
同10年
文化功労者に選ばれる。

脇田和 代表作

  • 対話する鳥たち etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ