和気史郎(わけしろう)

抽象時代から一貫して「能」の主要テーマである「生と死」の世界を追求した。また幽玄と官能が交錯する絵画世界ともいえる。

和気史郎 略歴

大正14年(1925)-昭和63年(1988)

栃木県に生まれ。大阪で没。
昭和19年
栃木師範本科を卒業。
同27年
東京芸術大学を卒業。安井曽太郎に学んだ。その後関西に移り本格的な画家活動に入る。独立美術展に出品を重ねながら、 関西の若手画家グループ鉄鶏会にも参加する。
同31年
関西独立展一席。
翌32年
独立美術展独立賞を受賞した。
同33年
関西総合展一席となる。
翌34年
独立美術協会会員に推挙された。
同48年
安井賞候補展出品。

和気史郎 代表作

  • 苔寺
  • 流水の孫次郎 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ