梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう)

東洋美と西洋美の接点を追求して、華麗な色彩と剛放な筆裁きで独自の画境を開拓。

梅原龍三郎 略歴

明治21年(1888)-昭和61年(1986)

京都市下京抵に生まれ、東京で没。
明治36年
旧制府立二中を病のため中退、洋画家を志し浅井忠の聖護院洋画研究所に学ぶ。
同41年
フランスに渡り、アカテミー・ジュリアンに入学したが、ルノワールに傾倒し、師事した。セザンヌ、ピカソ、ドガらとも交遊。
昭和14年
中国北京に滞在。(~同17年)
同27年
文化勲章受章。

梅原龍三郎 代表作

  • 紫禁城
  • 北京秋天 etc
梅原龍三郎 アート市場状況

花・風景画の作品が人気。
風景画でもフランス・カンヌが描かれている作品は高値。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

梅原龍三郎 作品種類
  • 油彩、ガッシュ、パステル、版画
梅原龍三郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索