浮田克躬(うきたかつみ)

風景における構築性や激しい筆致などを特徴とする具象絵画を代表する画家の一人として活躍した。

浮田克躬 略歴

昭和5年(1930)-平成元年(1989)

東京生まれ。東京で没。
昭和25年
安井教室に学んで、束京美術学校を卒業。
同29年
田崎広助に師事。
同32年
第13回日展で初入選。同33年 第1回日展「丘の工場」が特選。
同42年
第10回新日展「サン・マルタン水路」が再び特選を受賞。
同61年
第4回宮本三郎記念賞、同63年第20回日展「海風の館」が内閣総理大臣賞を受賞した。

浮田克躬 代表作

  • ブラジルの古い街
  • プロヴァンスの丘の村 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ