鳥海青児(ちょうかいせいじ)

重厚なマチエールや色と形に独自の日本的感性を秘めた画風で知られた。

鳥海青児 略歴

明治35年(1902)-明治47年(1972)

神奈川県平塚に生れ、東京で没。
昭和2年
関西大学卒業。在学中から春陽会展に出品、「平塚風景」(神奈川県近代美術館)が初入選。
同3年
春陽会賞受賞。翌5年から8年までヨーロッパ各地を旅行した。
同4年
帰国後、春陽会会員。
同18年
独立美術協会会員。
同31年
芸術選奨文部大臣賞。
同34年
第10回毎日美術賞を受賞。

鳥海青児 代表作

  • ピカドール
  • 段々畠 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ