鶴岡政男(つるおかまさお)

つねに生きた時代と深く関わりながら、人間の根源を問い続け、鋭い風刺と醒めた虚無感の漂う独自の作風。

鶴岡政男 略歴

明治40年(1907)-昭和54年(1979)

群馬県高崎市に生まれ。東京で没。
大正4年
上京し、同11年太平洋画会研究所に入って靉光らと交遊した。
昭和3年
1930年協会展に入選、1930年協会展に出品したことで太平洋画会研究所を除名処分となり、洪原会を結成。
同5年
洪原会を解散。同年 NOVA美術協会を創立。同12年 NOVA解散。
同38年
第7回日本国際美術展で最優秀賞を受賞した。

鶴岡政男 代表作

  • 夜の祭典
  • 重い手 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ