椿貞雄(つばきさだお)

正面から光をあてるような、強い陰影と克明な迫真描写が特徴的で、レンブラントへの意識も感じられる。

椿貞雄 略歴

明治29年(1896)-昭和32年(1957)

山形県米沢市に生まれ、千葉市で没。
大正3年
上京、岸田劉生に師事した。巽画会展に出品し、のち草土杜会員として活躍。
同11年
春陽会の創立に客員として参加したが、昭和2年同会を離れ、大調和会の鑑査委員となり、さらに国画会会員となった。

椿貞雄 代表作

  • 髪すき
  • 夏蜜柑 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ