東郷青児(とうごうせいじ)

独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名。

東郷青児 略歴

明治30年(1897)-昭和53年(1978)

鹿児島市に生まれ、熊本市で没。
青山学院中学を卒業後、有島生馬に師事した。第3回二科展を受賞。
大正10年~
昭和3年
渡仏、帰国後二科展に滞欧作を発表し認められる。
戦後二科会の再建に努力し、長く同会の指導的な立場にあった。

東郷青児 代表作

  • パラソルさせる女
  • 村の祭り
  • 望郷 etc
東郷青児 アート市場状況

初期より晩年のほうが高値。偽物もかなり出回っている。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

東郷青児 作品種類
  • 油彩、水彩、デッサン、ブロンズ、版画
東郷青児 鑑定機関
  • 東郷青児鑑定委員会
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索