寺内萬治郎

寺内萬治郎(てらうちまんじろう)

コローやドランの影響を受け、青灰色や黒をバックに配した質感ある日本の裸婦を描き続けました。

寺内萬治郎 略歴

明治23年(1890)-昭和39年(1964)

大阪に生れ、埼玉県浦和で没。
明治38年
松原三五郎の天彩画塾に学んだ。
同43年
上京して白馬会に入り、黒田清輝の指導を受けた。
大正5年
東京美術学校西洋画科を卒業。
同7年
第18回文展で初入選した。
同14年
第6回帝展「裸婦」、昭和2年「インコと女」でそれぞれ特選を受けた。
同25年
第6回日展「横臥裸婦」により、翌26年 日本芸術院賞を受賞した。

寺内萬治郎 代表作

  • 横臥裸婦
  • 赤いコート etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ