鈴木信太郎

鈴木信太郎(すずきしんたろう)

鮮やかな色使いで、風景をはじめ、人形やアジサイ、桃といった親しみやすいモチーフを描いた。

鈴木信太郎 略歴

明治28年(1895)-平成1年(1989)

東京生まれ。東京で没。
明治43年
白馬会洋画研究所に入所、黒川清輝に学んだ。
大正5年
第10回文展で初入選。同11年 第9回二科展で初入選。以後、石井柏亭に師事した。
昭和元年
第13回二科展で樗牛賞を受賞。戦後は、二科展の再建に努力。
同30年
二科会を退会し、一陽会を結成した。
同35年
日本芸術院賞を受賞。
同63年
文化功労者に選ばれた。

鈴木信太郎 代表作

  • 蝶々婦入の家(グラバー邸)
  • 八王子車人形 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ