須田国太郎(すだくにたろう)

日本的美意識と思想性豊かな暗褐色を基調にした超俗的な画境を展開した。

須田国太郎 略歴

明治24年(1891)-昭和36年(1961)

京都に生まれ、同地で没。
大正5年
京都帝国大学文学部卒業。
同6年
関西美術院に学んだ。
同8年
渡欧し、スペインに滞在。
帰国後は京都帝国大学で教壇を取った。
昭和9年
独立美術協会会員。
同22年
日本芸術院会員となった。
同34年
毎日美術賞受賞。

須田国太郎 代表作

  • 法観寺塔婆
  • 鵜 etc
須田国太郎 アート市場状況

鳥や薔薇の作品が人気。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

須田国太郎 作品種類
  • 油彩、水彩、水墨
須田国太郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索