須田剋太(すだこくた)

力強く奔放なタッチによる生命力のある作風で、東西技法の融合を目指した。

須田剋太 略歴

明治39年(1906)-平成2年(1990)

埼玉県に生れ、兵庫県西宮市で没。
旧制熊谷中学校を卒業後、川端画学校に学んだ。
昭和14年
第2同文展「読書する男」で特選。
同15年
光風会会員となってからも日展で特選を乗ねた。
同32年
サンパウロ・ビエンナーレでは日本代表の一人に選ばれた。
同46年
司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵を担当した。

須田剋太 代表作

  • 向日葵
  • 東大寺落慶供養 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ