曽宮一念(そみやいちねん)

自然の偉大さを豊かな色彩に込め、独自の画境を築いた。

曽宮一念 略歴

明治26年(1893)-平成6年(1994)

東京に生まれ、静岡県富士宮で没。
東京美術学校で学ぶ。在学中に文展入選。
大正14年
二科展で樗牛賞を受賞。
戦後は国画会に出品し、奔放で大胆な色彩で自然を描いた作品を発表した。
昭和46年
緑内障で観力を失ってからは、短歌、随筆、書などを発表した。

曽宮一念 代表作

  • 裾野の雲
  • 平野夕映え etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ