坂本繁二郎

坂本繁二郎(さかもとはんじろう)

初期には日常のシーンや牛、フランス留学後は故郷の風景や馬、さらに野菜や果物、植木鉢など身のまわりのものへ、そして最後は月雲へと変わっていきまました。

坂本繁二郎 略歴

明治15年(1882)-昭和44年(1969)

久留米市に生まれ、福岡県八女で没。
明治35年
幼い頃から森三美に洋画を学び、青木繁とともに上京、不同舎に入った。
大正3年
二科会の創立に参加。
昭和18年
二科会が解散するまで出品をつづけ、その間フランスに滞在し、パリ郊外の風景を多く描いた。
同28年
毎日美術賞を受けた。

坂本繁二郎 代表作

  • 水より上る馬
  • 帽子を持てる女
  • 阿蘇五景 etc
坂本繁二郎 アート市場状況

モチーフとして多いのは、牛、生物、能面、馬などが多い。
その中でも馬が評価が高く。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

坂本繁二郎 作品種類
  • 油彩、水彩、版画(木版画)
坂本繁二郎 鑑定機関
  • 坂本 暁彦
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ