岡本太郎(おかもとたろう)

戦後日本の前衛美術の旗手として活躍した。
大阪万博のモニュメント「太陽の塔」はあまりにも有名。

岡本太郎 略歴

明治44年(1911)-平成8年(1996)

神奈川県川崎市生まれ。東京で没。
父は漫画家の岡本一平。母は小説家の岡本かの子。
昭和4年
東京美術学校に入学したが、半年で退学しフランスに渡った。
パリ大学で人類学や哲学を学びながら美術に取り組んだ。
カンディンスキーらとの交遊で抽象美術に目覚め、その後アンドレ・プルトンらと交際し、シュールレアリスムの画風を築いた。
同21年
帰国後、グループ「夜の会」を結成。

岡本太郎 代表作

  • 傷ましき腕
  • 憂愁 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ