荻須高徳(おぎすたかのり)

落ち着いた色調、静寂さで主にパリの町並みを描いた。

荻須高徳 略歴

明治34年(1901)-昭和61年(1986)

愛知県に生まれ、パリで没。
大正10年
川端画学校に学び、翌11年東京美術学校に入学、藤島武二の指導を受けた。
昭和5年
パリで初個展を開催。
同23年
戦後はじめての日本人画家としてフランス入国を許可され、フランスに渡った。
同26年
サロン・ド・Xに招待出品。
同28年
ポピュリスト絵画賞。
同31年
フランス政府からシェヴリエ・ド・レジオン・ドヌール勲章を授与。

荻須高徳 代表作

  • 広告塔
  • モンマルトル裏
  • 金のかたつむり etc
荻須高徳 アート市場状況

日本人作家で海外市場でも流通している数少ない作家。
1930年頃の佐伯祐三の影響を強く感じるタッチが特に評価が高く、400万~1000万ぐらいの作品が多い。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

荻須高徳 作品種類
  • 油彩、版画
荻須高徳 鑑定機関
  • 荻須恵美子
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索