野口謙蔵(のぐちけんぞう)

一貫して、滋賀県の風景や風俗を描き続けた。太い線描や強調された色面によってダイナミックに描かれた作風。

野口謙蔵 略歴

明治34年(1901)-昭和19年(1944)

滋賀県に生まれ、同地で没。
明治13年
東京美術学校を卒業。
昭和3年
第9回帝展「庭」で初人選。
同6年
第12回帝展「獲物」。
同8年
第14回帝展「閑庭」。
翌9年
第15回帝展「霜の朝」で特選を受けた。
同15年
近江美術家述盟の結成に参加。

野口謙蔵 代表作

  • 霜の朝
  • 五月の風景 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ