難波田龍起

難波田龍起(なんばたたつおき)

戦後は一貫して独自の抽象絵画を探求し、深い叙情と高い精神性に満ちた世界を表現した。

難波田龍起 略歴

明治38年(1905)-平成9年(1997)

北海道旭川市に生れ、東京で没。
昭和2年
早稲田大学を卒業後、太平洋画研究所で川島理一郎に師事した。
同4年
国画全展に初入選。
同13年
自由美術協会を結成して、会員になった。
同29年
現代日本美術展に出品。
自由美術協会を退会後、現代の日本美術の歩み展、現代美術の動向展、日本秀作美術展などに出品した。

難波田龍起 代表作

  • 木立
  • 群像 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ