中村彝(なかむらつね)

レンブラント、ルノワール、セザンヌなどの作品から啓示をうけながら、めまぐるしく変転したが、つねに死を意識していたためか、生命に対する憧憬と緊張感が強く出していることが特徴である。

中村彝 略歴

明治20年(1887)-大正13年(1924)

水戸に生れ、東京で没。
明治39年
白馬会研究所で黒田清輝の指導を受けたが、翌年太平洋画会研究所に移り、中村不折、満谷国四郎に学んだ。
同43年
太平洋画会展「風景」が宮内省買上。
同年
第4回文展「海辺の村」が三等賞。
大正5年
第10回文展「田中館博士の像」が特選。
同9年
第2回帝展で賞讃を集め、肖像画の名作として知られる。

中村彝 代表作

  • エロシェンコ氏像
  • 頭蓋骨を持てる自画像 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ