中村直人(なかむらなおんど)

長野・上田出身の彫刻家で後に画家に転身した。
単純化された形を独特のリズム感で描く画風。

中村直人 略歴

明治37年(1904)-昭和56年(1981)

長野県上田に生れ、東京で没。
はじめ彫刻 家として吉田白嶺に師事した。
日本美術院に所属。
大正15年
第13回院展で初入選。
昭和5年
第18回院展で日本美術院賞を受賞した。
同11年
日本美術院同入。
同15年
第4回新文展で審査員をつとめた。同年陸軍美術展陸軍大臣賞を受賞。
同26年
フランスに渡り、滞在中は、藤田嗣治の影響を受け、日木画的描法を西洋画のグワッシュに利用した。
同39年
帰国。
同41年
第51回二科展に招待出品。
同45年
第55回二科展で努力賞。
同55年
第65回二科展で総理大臣賞を受賞した。

中村直人 代表作

  • 裸婦横
  • 居酒屋
  • 会合 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ