村山槐多(むらやまかいた)

フォービスムを基調とした特異な画風で注目され、空想的で色調や構図に強い個性を表現した。

村山槐多 略歴

明治29年(1896)-大正8年(1919)

横浜に生まれ。東京で没。

少年時代は文学を志し、文芸、詩作にふけり、従兄の山本鼎の影響を受けた。
小杉放庵宅に寄寓し、大正のはじめ二科展、再興日本美術院展に出品、院友となった。

村山槐多 代表作

  • バラと少女
  • 湖水と女 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ