森本草介(もりもとそうすけ)

精密な写実で、裸婦、着衣婦人画、風景、卓上静物を格調高く描く。

森本草介 略歴

昭和12年(1937)- 2015年(平成27年)

朝鮮に生まれる。
画家 森本仁平の長男として生まれる。
昭和33年
東京芸術大学美術学部油画科に入学。
同38年
国画会第37回展(東京美術館)に初出品、初入選。以降、毎年国画会に出品。
同43年
国画会第42回展に出品、サントリー賞を受賞。
同45年
第5回昭和会展に招待出品、昭和会優秀賞を受賞。
同53年
第1回現代の裸婦展に出品、以後出品を重ねる。
同63年
日本洋画壇の精鋭による現代の人物画展に出品。
平成5年
現代の視覚'93展に出品。

森本草介 代表作

  • 貝とリボンのある静物
  • 青い耳飾り
  • 微睡の時 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ