森本仁平(もりもとにへい)

穏やかな黄褐色の色調が特徴で、水平線や地平線のある風景画を多く描いた。

森本仁平 略歴

明治44年(1911)-平成16年(2004)

石川県加賀市生まれ。
洋画家 森本草介氏は実子。
昭和7年
東京美術学校師範科(現東京芸術大学)卒業。
以降美術教師として定年まで各地を歴任。
同13・20年
2回の召集により2年間軍務。終戦と同時に捕虜となる。
平成16年
千葉県で没。新鋭選抜展。日本画壇の全貌展に招待出品。元自由美術協会会員。

森本仁平 代表作

  • 空の肖像
  • 湖畔のはす田 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ