宮永岳彦(みやながたけひこ)

鹿鳴館時代の華麗な洋装に身を包んだ貴婦人たちの姿を描き続けた。
画面の奥から、スポットライトのように人物を照らし出す逆光を多く用いた作風で、独自な美人画の世界を確立。

宮永岳彦 略歴

大正8年(1919)-昭和62年(1987)

静岡県磐田郡に生まれ。東京で没。
昭和11年
名古屋市立工芸学校を卒業。
同7年
在学中に名古屋市展に初入選。
同17年
第29回二科展に初入選。同展に入選後は正宗群三郎に師事した。
同22年
二紀創立展で褒賞を受け、同人に推挙される。
同25年
日本宣伝美術協会創立に参加。
同29年
第8回二紀展で同入努力賞を受けた。
同35年
世界観光ポスター展で最優秀賞。
同38年
講談社第4回挿絵賞を受賞。
同43年
現代水墨画会結成。

宮永岳彦 代表作

  • 砦 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ