宮本三郎(みやもとさぶろう)

戦争中は従軍画家として活躍し、戦争記録画を描いた。
戦後は色鮮やかな花や裸婦を描いた。

宮本三郎 略歴

明治38年(1905)-昭和49年(1974)

石川県小松市に生まれ、東京で没。 川端画学校で藤島武二に師事。
昭和2年~
ニ科展に出品。
同11年
二科会会員となる。
同18年
「山下、パーシバル両司令官会見図」で帝国美術院賞受賞。
同19年
朝日文化賞を受賞した。
同22年
二紀会を創立。
同41年
日本芸術院会員。

宮本三郎 代表作

  • 婦女三容
  • 舞妓十二題 etc
宮本三郎 アート市場状況

花、裸婦が人気。
50万~300万円の作品が多い。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

宮本三郎 作品種類
  • 油彩、デッサン、水彩、皿
宮本三郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索