三岸好太郎

三岸好太郎(みぎしこうたろう)

豊かな叙情性とすぐれた色感を持ち、鋭敏な感受性によって、オービスム、シュルレアリスムとさまざまな様式を導入し、独特の画境を切り開いた。

三岸好太郎 略歴

明治36年(1903)-昭和9年(1934)

札幌に生まれ。名古屋で没。
独学で油絵を学ぶ。
大正12年
第1回春陽会展で入選。
翌13年
第2回春陽会展春陽会賞を受けた。
昭和5年
独立美術協会の創立に参加。

三岸好太郎 代表作

  • 道化役者
  • オーケストラ etc
三岸好太郎 アート市場状況

ルオーの影響を受けており、北海道の風景、ピエロの作品は高値。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

三岸好太郎 作品種類
  • 油彩、水彩
三岸好太郎 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ