松本竣介(まつもとしゅんすけ)

都会の風景やそこに生きる人びとを、理知的な画風。
戦時中、軍部による美術への干渉に抗議して、雑誌『みづゑ』に「生きてゐる画家」という文章を発表したことはよく知られている。

松本竣介 略歴

明治45年(1912)-昭和23年(1948)

東京に生まれ。同地で没。
旧姓は佐藤。幼少時代を盛岡で過して、盛岡中学在学中に聴覚を失い、絵画を志した。
昭和4年
太平洋画会研究所に学んだ。二科展に出品し、前衛グループの九室会に属した。
同18年
靉光らと新入画会を結成。
同21年
自由美術家協会に参加し、抽象的傾向の作品を描いた。

松本竣介 代表作

  • 画家の像
  • 街 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ