前田寛治(まえだかんじ)

フランス絵画の伝統的な写実主義の理論を展閉し、美術界に新鮮な感銘を与えた。

前田寛治 略歴

明治29年(1896)-昭和5年(1930)

鳥取県北条町に生まれ。東京で没。
白馬会葵橋洋画研究所に入る。
大正10年
東京美術学校を卒業。在学中は藤島武二に師事。
同年
第8回二科展と第3回帝展に入選。
同11年
渡仏。クールベの写実主義にその造形的な範例を求め婦人像や労働者を描く。里見勝蔵、佐伯祐三と交遊を深めた。
大正14年
帝展で特選。
翌15年
1930年協会の結成に参加した。また前田写実研究所も開設した。
昭和4年
第10回帝展で帝国美術院賞を受けた。

前田寛治 代表作

  • 裸婦
  • 棟梁の家族 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ