黒田清輝(くろだせいき)

終始一貫して外光派的写実主義に徹し、典雅で多くの入々に親しまれている。

黒田清輝 略歴

慶応2年(1866)-大正13年(1924)

鹿児島生まれ。東京で没。
明治17年
法律研究のためフランスに留学した。
同21年
法科大学を退いて、洋画の研究に転じてラファエル・コランに師事した。
在仏中にソシエテ・デザルティスト・フランセ、ソシエテ・ナショナル・デ・ポザールのサロンに出品し入選した。
同26年
帰国、翌年久米桂一郎と天真道場を創立して後進にフランス流の美術教育をほどこした。
明治美術会に加わリ、同29年白馬会を結成。
同年
東京美術学校に西洋画科が新設されるに際して指導者に推された。
同43年
洋画家として最初の帝室技芸員を命ぜられた。
大正2年
国民美術協会会頭。同8年 帝国美術の創立に尽くし会員。

黒田清輝 代表作

  • 読書
  • 舞妓
  • プレハの少女 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ