黒田重太郎

黒田重太郎(くろだじゅうたろう)

印象派やキュビスムの影響を受けながらも、本的な油絵を求め、花鳥風月を愛し、土の薫りを残す作品を描きつづけた。

黒田重太郎 略歴

明治20年(1887)-昭和45年(1970)

滋賀県大津生まれ。京都で没。
明治37年
鹿子木孟郎の門に入り、のち浅井忠の関西美術院に学んだ。
同43年
土田麦僊らと黒猫会(翌年仮面会と改称)の結成に参加。
大正3年
二科会に出品。
同5年
渡欧、グランド・ショミエールなどで学び、ピサロ風の印象主義に感化された。
同7年
帰国、翌年第6回二科展で二科賞を受賞。
同13年
小出楢重らと信濃橋洋画研究所を開設して後進を指導。
昭和22年
二紀会を創立。
同44年
日本芸術院賞恩賜賞受賞。

黒田重太郎 代表作

  • 港の女
  • 渚に座せる女 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ