国吉康雄(くによしやすお)

寂しげな物憂い雰囲気の女性像、不安定に置かれたモノを描いた静物画、人間の根底にある寂しさと不安が共感した作品が多い。

国吉康雄 略歴

明治22年(1889)-昭和28年(1953)

岡山市に生まれ、ニューヨークで没。
岡山市の工業学校で染織を学び、17歳で渡米。
大正11年
ダニエル画廊で初個展。
同14年、昭和3年
2回にわたってヨーロッパを巡る。
昭和18年
力ーネギー国際展「誰かが私のポスターを破った」が1等賞を受けた。

国吉康雄 代表作

  • バンダナをつけた女
  • 誰かが私のポスターを破った
  • 祭りは終わったetc etc
国吉康雄 アート市場状況

パスキンの影響を受けており、婦人像が人気。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

国吉康雄 作品種類
  • 油彩、ガッシュ、版画
国吉康雄 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ