熊谷守一(くまがいもりかず)

独特の強い輪郭線と平面的な構成をもった抽象度の高い具象画スタイルを確立した。

熊谷守一 略歴

明治13年(1880)-昭和52年(1977)

岐阜県恵那郡に生まれ、東京で没。
明治37年
東京美術学校西洋画科選科を卒業。
大正4年
二科展に出品し、翌5年 二科会会員となった。
同22年
二紀会の創立に参加。同26年からは無所属作家として世俗から離れ、自由に制作。

熊谷守一 代表作

  • 陽が死んだ日
  • 朝日
  • 白猫 etc
熊谷守一 アート市場状況

花・虫・鳥の作品が人気。偽物もかなり出回っている。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

熊谷守一 作品種類
  • 油彩、水彩、水墨、パステル、デッサン
熊谷守一 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ