小山敬三(こやまけいぞう)

重厚な筆致、寡黙な色彩で、特に浅間山、城をよく描いた。

小山敬三 略歴

明治30年(1897)-昭和62年(1987)

長野県小諸市生まれ。神奈川県茅ヶ崎で没。
大正5年
慶応義塾大学を中退。川端画学校で藤島武二の指導を受ける。
同9年
渡仏。パリのアカデミー・コラロッシュでシャルル・ゲランに師事し、油絵の基礎を徹底して学び。
同11年
サロン・ドートンヌに「並木路の冬」などが初入選。
昭和8年
春陽会を脱退、二科会に会員として迎えられる。
同34年
「初夏白鷺城」など一連の白鷺城に対して日本芸術院賞を受賞。
同45年
文化功労者に選ばれ、同50年には文化勲章を受章した。

小山敬三 代表作

  • 紅浅間
  • 浅間山夕月 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ