児島善三郎

児島善三郎(こじまぜんざぶろう)

独自のフォービスムから、日本の伝統的なフォルムと装飾的な表現の導入、写実への再確認などの展開を示しながら「日本人の油絵」の創造を目指した。

児島善三郎 略歴

明治26年(1893)-昭和37年(1962)

福岡市生まれ。千葉市で没。
岡田三郎助の本郷洋画研究所に入ったが、ほとんど独学。
大正10年
二科展入選。
同13年~昭和3年
滞欧。帰国後、二科展に滞欧作を発表。
二科会会員となったが、同5年退会して独立美術協会の創立に参加した。

児島善三郎 代表作

  • 箱根
  • アルプスへの道 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ