小絲源太郎

小絲源太郎(こいとげんたろう)

新傾向の芸術運動が盛んにおこったが、日本の風土に根ざした油彩表現に独自の円熟した画風を示した。

小絲源太郎 略歴

明治20年(1887)-昭和6年(1931)

東京生まれ。同地で没。
明治38年
東京美術学核金工科に入学、傍ら白馬会菊坂研究所に学んだ。
同43年
在学中に第4回文展で初入選。
同44年
金工科を卒業し、同年西洋画科に編入。
大正3年
病のため中退したが、制作活動はつづけ、文展に出品。
昭和29年
日本芸術院賞を受賞。
同40年
文化勲章を受章した。

小絲源太郎 代表作

  • 嬋娟
  • けしの花
  • 道 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ